老化を防ぐ | 気になるお尻のニキビ【コンプレックスを解消させる】

老化を防ぐ

化粧品と花

老化防止は紫外線対策から

光老化という言葉をご存知でしょうか。 老化の約7割から8割はこの光老化によるものだと言われていて、紫外線による老化の事を指しています。 同じ肌でも毎日外にさらされている顔と、お腹や太ももの肌の状態は全く違っています。 紫外線にさらされていない肌は柔らかく色白で、しわやたるみもありません。 紫外線は肌の奥にまで入ってきて、コラーゲンなどの肌の保湿成分にダメージを与えてしまいます。 このダメージが蓄積されていって、加齢によって徐々にシミやしわ、たるみとして現れてきます。 光老化を防ぐには、まず紫外線を浴びないようにしっかりと日焼け止めやUVカット化粧品で、肌を防御することです。 また、肌がしっかりと潤った状態なら、紫外線のダメージを軽減することができるので、保湿化粧品で肌の保湿力を高めるのが大切です。

しわに効くレチノールについて

しわ取りクリームなどのしわ専用化粧品に多く含まれているのが、レチノールという成分です。 一見なじみのない成分のようですが、ビタミンAの一種です。 レチノールには肌のコラーゲンの生成を促す効果があるため、しわやたるみ改善には大きな効果を発揮してくれます。 コラーゲンは肌の土台を支えていて、肌にハリやしなやかさを与えている成分です。 加齢によって減少してしまうため、肌が固くなったりしわができたりしてしまいます。 コラーゲンそのものを化粧品で取り入れて、さらにコラーゲンを増やすレチノールを取り入れることで、しわに効果的に働いてくれます。 また、レチノールは肌のターンオーバーを高めてくれますので、様々な肌の悩みを改善するのにも役立ちます。

このエントリーをはてなブックマークに追加